ハーブティーの効能

ハーブティーはハーブを熱湯で抽出し、その抽出液を内服する方法です。
有効成分は消化管から体内に吸収され、血流にのって目的とする部分に運ばれ効果を発揮します。
またハーブティーの香りは鼻から脳に伝わり、内臓の機能を高める働きをします。 ゆっくりと香りを楽しみながらお茶を味わうのが効果的な飲み方です。 ハーブティーの有効成分は、時間が経つと体内で代謝され、汗や尿となって排泄されてしまいます。 成分が体内に存在するためには、毎食後に飲む習慣をつけましょう。

ハーブティーの作り方・・・
ティーポットの中にハーブを入れ、熱湯を注ぐ。
ティーポットのふたをして必ず3分以上おき、成分を逃さないようにする。

ハーブティーの効能