漢方療法とは

漢方はバランスの医学です。ご相談いただいたお悩みの症状や、舌の状態、脈の状態などから身体のバランスの崩れを推察し、バランスを調整する漢方薬をお渡し致します。このバランスがいわゆる『体質』です。ご相談の際にはどのような体質で、どうすれば改善できるのか、普段の生活での養生法や食材についても総合的にアドバイス致します。
漢方医学は、冷えていれば→温める、足りない時は→補うといった、基本的なバランス調整の考え方の上に成り立っています。長い歴史の中で多くの臨床を積み重ね、しっかりと理論が築かれた医学です。

ご利用の流れはこちら ≫

自然療法とは

アロマセラピーや、お灸、ハーブなどの植物を使う民間療法です。日常生活で取り入れられるような簡単な方法や、ちょっとした心身の不調に対応できる療法をご紹介します。
毎日の生活の中で心身のケアをして、病気を未然に防ぐことを目的としています。

その他事業Business

スクール

漢方、自然療法、ハーブ療法、そしてアロマセラピーをもっと身近に知ってもらいたい。 誰でもおうちでケアできるような、お母さんのための医学を学べる場所を作りたい。 そんな気持ちで、1998年にアロマセラピー教室を開講致しました。

詳しくはこちら ≫

アロマサロン

芽温の森(めおんのもり)は、命泉堂薬局が直営する 女性のための、よもぎ蒸し&アロマトリートメントサロンです。 森の中で自然を感じ深呼吸をしている時のような、心地よい香りと共に ホッと一息できる空間を作りたいという思いから生まれました。

詳しくはこちら ≫

季節の漢方とアロマ情報Season

冬の漢方養生

冬の三カ月は万物閉蔵の季節であり、厳寒のため水も地面も凍ってしまいます。 体内の陽気を傷つけずしっかり蓄えるためには、夜は早く寝て、朝は日が昇ってから起き、心の落着きを保ち、 衣類で保温を心がけて、腎の機能を滋養していくことが大切です。これが冬の養生法の基本です。

ポイント

冬の養生ポイント

  • ・夜は早く就寝し、朝は日が昇ってから起きる
  • ・適度に運動を行い、防寒保温を心がけて陽気を守る
  • ・自分の体質に合った滋養強壮を行う
  • ・腎(腰・骨・耳・脳・生殖機能)を健やかに保つ

ポイント

冬には、腎のケアが必要

腎は、冬の養生に深く関係します。
生命活動に関わる"精"を蔵する腎は、さまざまな生物がエネルギーを蓄える冬と相通じるからです。

ポイント

滋養強壮・補腎益精の食材がおすすめ

虚弱体質といっても様々なタイプがあります。
是非専門家と相談して自分の体質に合った食材と漢方を活用して下さい。

  • ・黒豆、大豆、赤小豆、インゲンなどの豆
  • ・長いも、大和芋、自然薯などの芋
  • ・ブロッコリー、ほうれん草、白菜、カボチャなどの野菜
  • ・黒米、牡蠣、舞茸、黒キクラゲなどの黒い食べ物
  • ・エビ、ブリ、マグロ、牛肉、鶏肉、豚肉など
  • ・リンゴ、キウイ、みかん、ゆずなどの果物
  • ・ゴマ、クルミ、松の実、クコの実、桑の実などの種実

店舗情報Shop

  • 八尾本店八尾本店

    〒581-0802
    住所:大阪府八尾市北本町1-3-30
    ハーモニアス北本町1F

    TEL: (072)998-6660

  • あびこ店あびこ店

    〒558-0013
    住所:大阪市住吉区我孫子東2-3-18

    TEL: (06)6605-5700